小児歯科
小児歯科は、おおむね乳幼児期から永久歯が萌え揃う学童期(12〜13歳)を対象にしています。
虫歯の治療や虫歯の予防処置(シーラント、フッ素塗布など)などのほか、永久歯の歯並びや噛み合わせが正しくなるように、歯と顎の正常な成長、発育を促し、健康で美しい歯を育てていくための指導や治療を行います。
お子様の成長にあわせて専門的対応をいたします。 また、お子様が泣いたりしても子供の診療に慣れた先生やスタッフが対応いたしますので、ご安心ください。
       
小児歯科では
お子様への治療は、年齢や虫歯の程度、性格などによって変わってきます。
子供の時に 「歯医者さんは痛くて怖い」という恐怖心を持ってしまうと、大きくなってからも痛くなるまで歯医者に通うことが出来なくなる方が見られます。

そのため、いきなりドリルで歯を削ったり、押さえつけて治療するのではなくまずは診療室の雰囲気、先生、スタッフに慣れてもらいます。
       
フッ素塗布とは?
  フッ素は、強い歯を育てるための栄養剤です。
年3〜4回の塗布を継続していくことで徐々に酸に強い歯を育てていきます。
フッ素には、歯の表面のエナメル質が溶けるのを防ぐためだけでなく、酸でやわらかくなり始めたエナメル質を硬くしてくれる「再石灰化」の作用もあります。
 
   
       
矯正治療
歯並びが悪い状態だと、歯ブラシがしにくく虫歯や歯周病になりやすいと言われます。矯正治療のすすめ
また、咬み合わせ悪いと 噛む力が1箇所に集中してしまい、肩こりや頭痛になりやすいと言われています。
 矯正治療で歯並びをよくすることで解消できることがあります。
 食べ物をしっかり噛めて、歯1本1本が機能している理想の歯並びを目指しましょう!
       
  咬合誘導(歯列拡大)  
  小児矯正装置 永久歯完成前 小学生以下    
  咬合誘導(歯列拡大) 主に取り外し式の装置を使用し、乳歯列から永久歯列への正常な交換と 正常な顎の成長・発育を促す治療を行います。
来院間隔は1週間単位です。
 中学生以上になってから成人矯正を行う2段階の治療となります。 当院では、成長終了期まで責任を持ってフォローしたいと考えています。
 
       
シーラント
「シーラント」は奥歯のかみ合う面(咬合面)にできる虫歯の予防の方法です。
あらかじめ、虫歯になりやすい奥歯の溝を接着力のあるプラスチックで埋めてしまいます。
このプラスチックは虫歯を削ったとき詰めるものと同類のレジンという材料なので、きちんと埋めていれば虫歯にならないという考えで普及し始めました。

『六歳臼歯に効果的』
このレジンが長い間のうちにはがれてしまうことも考えられますが、いずれにしても短期的にはきちんと詰めればそれなりの効果があがっています。
生えて間もない奥歯の永久歯(六歳臼歯)は特に虫歯になりやすいので、この方法は有効です。

しかし、虫歯予防はもうこれで十分というわけではありません。きちんとブラッシングをして、シーラントがきちんとついているかなどの定期健診を受け、フッ素を活用したり、食生活でも注意して、総合的にすすめることが大切です。
       
       
       
福岡県粕屋郡志免町で最新のインプラント治療を行っております。
CT検査を行うことで、より安全で無理のないインプラント治療が受けられます。
インプラント治療をより安全、適切に行うためには、あごの骨の状態を詳しく調べることが重要です。
当院ではCT検査により、口腔内の骨の画像を撮影し、治療の計画をご説明致します。
CT検査によるインプラント治療は、より安全で、無理のない治療を実現した最新のインプラント治療法です。
*CTとは、Computed Tomography (コンピュータ断層撮影法)の略語です。

COPYRIGHT(C) 医療法人つくしの会 はせがわ歯科医院 ALL RIGHTS RESERVED.