セラミックス
    天然歯に近い、ナチュラルカラーです。

セラミックの最大の特徴は、他の素材にくらべて天然歯に最も近い色調と透過性を実現できることです。
進行した虫歯を治療する場合、今までは金属のクラウンをメインに、目に見える部分だけを歯の色に近いセラミックスで覆うことで見た目をよくしていました。オールセラミックス治療の場合は、そのすべてにセラミックスを用いるため、おどろくほど自然な感じに仕上がります。
 
       
ジーシーファイバポスト
  白色透明のジーシーファイバポストは、支台築用接着性コンポジットレジン「ユニフィルコア」との併用によって、審美修復の妨げとなる金属色を排除。

天然歯に近い色調のコアが制作できますので、オールセラミックスや「グラディア」などの硬質レジンジャケットクラウン修復などで、より審美性が向上します。
   
       
  ラヴァ フレーム  
    ラヴァ フレームは高純度ジルコニアのオールセラミックス用フレームワークです。

高性能のCAD/CAMシステムから生まれるフレームは、メタルフレームではできなかった透明性の高い自然美とセラミックスではできなかった高い強度と精度を実現しています。
 
     
  セラミックブロック削り出し  
  セラミックブロックをコンピューターにより削り出して作製する歯
※金属アレルギーのある患者様に適しています。

今までになく手頃な価格で、自然な白い歯で体に優しいオールセラミックス素材見た目も噛み心地も自然な仕上がり長年使っても安心。強度も十分です。
   
       
       
       
福岡県粕屋郡志免町で最新のインプラント治療を行っております。
CT検査を行うことで、より安全で無理のないインプラント治療が受けられます。
インプラント治療をより安全、適切に行うためには、あごの骨の状態を詳しく調べることが重要です。
当院ではCT検査により、口腔内の骨の画像を撮影し、治療の計画をご説明致します。
CT検査によるインプラント治療は、より安全で、無理のない治療を実現した最新のインプラント治療法です。
*CTとは、Computed Tomography (コンピュータ断層撮影法)の略語です。

COPYRIGHT(C) 医療法人つくしの会 はせがわ歯科医院 ALL RIGHTS RESERVED.