歯科インプラント

インプラントとは、虫歯や歯肉の病気、あるいは怪我などのアクシデントによって、失われてしまった天然の歯を、補うための治療方法のひとつです。

 

失った歯を取り戻す治療には義歯(入歯)とブリッジがありますが、入れ歯やブリッジは、インプラントとは違って周囲の歯に大きな負担をかけてしまうため、今残っている自分の歯の寿命を少なからず縮めることに繋がります。

 

インプラントは、周囲の歯に負担をかけることなく、失ったはずの歯を人工的に取り戻す、すばらしい歯科治療です。 周りの歯に負担をかけずに歯を立てられるということは、今残っている自分の歯を守ることにもつながるのです。

 

具体的な治療法としては、歯の失われてしまった部分の顎の骨に、外科手術によって人工歯根(ねっこ)を埋め込み、それを土台として、上に人工の歯を取り付けます。

骨と完全に結合したインプラント体の上に取り付けられた歯は、その歯自体が顎の骨にしっかりと固定されているので、周りの歯に負担をかけることもなく、天然の歯に近い噛む力と耐久性、審美性を得ることが出来ます。


1950年代から欧米先進国の大学病院が積極的にこのインプラント治療を研究し、取り入れ、 わが国でもここ10年ほど前からインプラント治療が普及し、 ここ2~3年は目覚しいほど患者さまに認知されてきているようです。 インプラント治療を行うと、固定式であるためガタついたりせず、自分の歯のように噛めるようになります。 またブリッジや部分入れ歯と違い、独立した1本の歯であるため、他の歯に負担をかけることなく、 再生不可能な永久歯に近い状態が手に入ります。
       
インプラントの長所と短所
お口の中の環境を良い状態に保つ上で、多くの長所を持つインプラント治療ですが、良い点ばかりではありません。 治療を進めていく上でいくつかの短所があります。
長所と短所をよくご理解頂き、他の治療方法とも比較して、ご自分に最も適した治療方法を選択しましょう
長所
●お口の中を清潔に保ち、メンテナンスを行っていれば、半永久的に機能します。
●入れ歯にする場合、入れ歯の針金をかけられた歯はその分大きな負担を負うことになります。
●しかしインプラントの場合は、人工歯自体が顎の骨にしっかりと固定するので、周りの歯に負担がかかりません。
●ブリッジにする場合は、たとえ健康であってもまわりの歯を削らなければなりません。インプラントなら抜けた部分のみに治療を行えるので、その心配はありません
●針金などで入れ歯を固定する必要がないので、自然な外観を取り戻せます。
●天然の歯に近い感覚で噛むことが出来るようになります。
●歯が無くなった部分の、顎の骨の萎縮(骨が痩せてしまう)を防ぐことができます。
短所
●保険が適用されないため費用(治療費)が自費になります。
●1時間程度の外科手術が必要です。
●治療完了までにある程度の期間が必要になります。
●定期的なメンテナンスが必要となり、放っておくと寿命が短くなってしまいます。
インプラント治療を受けるための条件
インプラント治療は、あごの骨に十分な厚さがないとできません。
あごの骨の厚さが十分でないと、安定性や機能面、審美面でも問題が生じてしまうのです。
ただし、あごの骨が足りずに通常はインプラント治療ができない場合でも、当院では骨の移植や再生療法を行いますので、安全な治療が可能となります。
また、上の奥歯は、鼻の奥の副鼻腔と呼ばれる空間と距離が近いため、もともと骨が少ない場所です。歯周病があればさらに骨は少なくなり、インプラント治療は難しくなります。 当院ではそのような場所にも、骨の移植を行うことでインプラント治療を可能にしています。
歯周病との関係
インプラント
歯周病が原因でインプラント治療を行う場合には、まず歯周病の治療をしっかりと行う必要があります。
インプラント治療は、チタン製の人工歯根を骨に結合させることで固定します。
そのため、あごの骨が溶けてしまうとせっかくのインプラントも抜け落ちる結果となってしまうのです。
インプラン ト治療を成功させるためには、手術前に歯周病をしっかりと治し、インプラント治療を受けられる状態にすることが必要です。 また、せっかくのインプラントを長持ちさせるためには、手術後も正しいブラッシングをきちんと行い、歯科医院の定期検診を受診して歯周病を防ぎ続けることが大切になります。
インプラント治療の流れ
  1.カウンセリング 2.事前検査・治療の計画の説明  
まずは治療についてカウンセリングを行います。
現在の状況や不便に思っていることなど、患者様より細かくお聞きします。
あごの骨の状態、噛み合わせの検査を行います。
すべての症例で当院の歯科用マイクロCTでのCT撮影、口腔内写真撮影、歯型の採取などを行い、十分な術前診査を行います。
それらのデータを基に治療計画を立て、患者さまに治療計画とそれにかかる費用を十分にご説明します。
  3.術前処置 4.インプラント手術  
インプラント治療を行う前に、虫歯・歯周病治療、不適合な被せ物や詰め物の除去を行い、口腔内の衛生状態を良好にします。 インプラント(人工歯根)を埋め込む外科手術を行います。規模は抜歯程度の手術で、麻酔を使うため痛みはありません。
  5.手術後の消毒 6.治癒期間  
  翌日、手術部位の確認と消毒を行います。 人工歯根とあごの骨を結合させるため数ヶ月間の治癒期間を設けます。この間必要に応じて仮歯を装着します。  
7.最終的な人工歯の制作と装着 8.定期健診・メンテナンス
歯形を取り、専門の技工士が人工歯を作ります。人工歯根に人工歯の支台となる連結部品を装着し、人工歯を被せます。 人工歯を被せても、インプラント治療は完了ではありません。インプラントを長持ちさせるために、定期的にメインテナンスを行います。正しいブラッシング指導や定期検診(1週間後、1ヵ月後、3ヵ月後、6ヵ月後)で噛み合わせのチェック、あごの骨の検査、人工歯にゆるみが出ていないかなど検査をします。
       
保証
  当医院では、インプラントの外科手術が行われた後に当該インプラントが破損した場合には、インプラント体を含む再手術、及び上部構造の修復に要した費用を、当院規定により一定期間補償いたします。  
メンテナンス
インプラント周囲の結合組織線維は非常に単純なため、メインテナンスを不十分にしていると、歯周病と同じような状態が起こります。
天然歯に日頃ブラッシングをするように、インプラントにも適切な歯磨きが必要なのです。
歯科衛生士による正しいブラッシング指導や(TBI)、歯科医師による専用器機を使用した歯のクリーニング(PMTC)はとても効果的です。
インプラントを長持ちさせるためには、こうしたメインテナンスは欠かせません。
せっかく取り戻した「自分の歯で噛める喜び」を再び失うことにならないよう、プロのケア方法をアドバイスさせていただきます。
また、噛み合わせの悪化や歯ぎしりなどの悪習慣、喫煙などはインプラントに悪影響を及ぼす恐れがあります。
歯科医院で定期的な噛み合わせのチェックや骨に対する固定度のチェックを行うことが重要です。
手術後1年間インプラントが安定しているケースの9割以上はその後7年間は安定するという臨床データが発表されています。
そのため、手術後1年間は特に注意深くケアしていくことが重要となります。
       
インプラント費用の目安
       
 
福岡県粕屋郡志免町で最新のインプラント治療を行っております。
CT検査を行うことで、より安全で無理のないインプラント治療が受けられます。
インプラント治療をより安全、適切に行うためには、あごの骨の状態を詳しく調べることが重要です。
当院ではCT検査により、口腔内の骨の画像を撮影し、治療の計画をご説明致します。
CT検査によるインプラント治療は、より安全で、無理のない治療を実現した最新のインプラント治療法です。
*CTとは、Computed Tomography (コンピュータ断層撮影法)の略語です。

COPYRIGHT(C) 医療法人つくしの会 はせがわ歯科医院 ALL RIGHTS RESERVED.