歯科レーザー治療とは
レ—ザ—とは、非常に高いエネルギ—をも持った人工の光です。
医療では、鼻の治療、肩こりの治療、腰痛の治療、癌の治療、いびきなどの治療にレーザーが使われています。
レ—ザ—メスとして、幅広く使われている事は御存知かと思いますが、他の作用として、殺菌・消毒・止血・鎮痛・消炎に効果があります。
レーザー光は、特定の物質にしか反応しない特徴があります。
健康な歯には何も影響せず、虫歯菌に冒された歯のみを除去する事ができるなど、「健全で健康な部分」を傷つける事なく安全に治療する事ができるのです。
口腔内及び人体に対する安全性は十分立証されており、妊娠中の方や心臓病でぺ—スメ−カを使用している方も安心して治療を受けて頂けます。
       
歯科レーザーを使った様々な治療
● 口内炎の治療について
口内炎の粘膜上皮を痂皮化し、接触痛を早期に治す事ができます。
● 虫歯の治療について
虫歯を取り除いた後、目に見えない細菌をレーザーで、より確実に殺菌する事ができます。そして詰め物をする事で、虫歯の再発防止に効果発揮します。
       
  ● メラニン色素除去
歯の根元の歯肉がメラニン色素で黒色化している場合、レーザーにて上皮を蒸散することで新しい上皮を再生し、きれいなピンク色の歯肉にする事ができます。
● ホワイトニング
オフィスホワイトニングでは、専用液を歯の表面に塗布し、レーザーで活性化する事で漂白ができます。
 
 
     
     
       
福岡県粕屋郡志免町で最新のインプラント治療を行っております。
CT検査を行うことで、より安全で無理のないインプラント治療が受けられます。
インプラント治療をより安全、適切に行うためには、あごの骨の状態を詳しく調べることが重要です。
当院ではCT検査により、口腔内の骨の画像を撮影し、治療の計画をご説明致します。
CT検査によるインプラント治療は、より安全で、無理のない治療を実現した最新のインプラント治療法です。
*CTとは、Computed Tomography (コンピュータ断層撮影法)の略語です。

COPYRIGHT(C) 医療法人つくしの会 はせがわ歯科医院 ALL RIGHTS RESERVED.